ハウスコンビニ倶楽部

お問合せはこちら

営業時間 / 9:00〜18:00

メールでのお問い合わせはこちら

お問合せはこちら

営業時間 / 9:00〜18:00

メールでのお問い合わせ

バリアフリー

日本人の3人に1人が高齢者に…

少子・高齢化社会の現代において、バリアフリーの必要性はますます高まっています。国勢調査によると、現在すでに3世帯に1世帯が「高齢者が暮らす住宅」という統計が出ています。さらに、そのうちの5割が一人暮らしや夫婦のみで暮らす世帯。また、人口の割合で見ると2015年現在、日本人の26.8%が65歳、20年後には33.4%になるといわれています。新築、リフォームいずれにしても、これからの住宅は『高齢者が住むこと』、つまり【バリアフリー】を前提として考える必要があるのです。税制面の優遇措置や補助金が設けられていることもあって、実際にバリアフリーリフォームの施工件数は年々増加しています。

バリアフリーリフォームの工事内容

手すりの設置

移動の際の転倒防止や、つかまり立ちができるよう、手すりの設置を行いましょう。手すり設置は比較的簡単にできるバリアフリーリフォームです。
主な設置場所は、トイレや浴室、玄関、廊下などです。取り付ける場所によって、
手すりの形状や施工方法、かかる費用も異なります。

移動の際の転倒防止や、つかまり立ちができるよう、手すりの設置を行いましょう。手すり設置は比較的簡単にできるバリアフリーリフォームです。
主な設置場所は、トイレや浴室、玄関、廊下などです。取り付ける場所によって、
手すりの形状や施工方法、かかる費用も異なります。


段差解消

つまづきによる転倒防止や、車いすでの移動を容易にできるよう、段差を解消しましょう。
台車やベビーカーなどの出入りも楽になります。具体的には、敷居を低くしたり、床のかさ上げやスロープを設置することで各室間の床の段差や、玄関から道路までの通路等の段差を解消します。

つまづきによる転倒防止や、車いすでの移動を容易にできるよう、段差を解消しましょう。
台車やベビーカーなどの出入りも楽になります。具体的には、敷居を低くしたり、床のかさ上げやスロープを設置することで各室間の床の段差や、玄関から道路までの通路等の段差を解消します。


廊下幅などの拡張

廊下は、車いすでの移動や、後に手すりなどを付けることを考慮して、十分な幅を確保しましょう。
廊下幅を広げるには、隣接する部屋の間取りを変更することになり、壁を解体しなければならないので費用がかさみます。隣接する部屋の状態によっても難易度が異なるので、かかる費用は工事内容によって大きく変わってきます。

廊下は、車いすでの移動や、後に手すりなどを付けることを考慮して、十分な幅を確保しましょう。
廊下幅を広げるには、隣接する部屋の間取りを変更することになり、壁を解体しなければならないので費用がかさみます。隣接する部屋の状態によっても難易度が異なるので、かかる費用は工事内容によって大きく変わってきます。


主なバリアフリー・介護リフォームの実施箇所

浴室のリフォーム

  • 浴室暖房乾燥機の取付
  • 半埋め込み式浴槽への変更

トイレのリフォーム

  • 和式トイレか洋式トイレ
  • へのリフォーム
  • L字手すり取付

室内ドア(出入口)のリフォーム

  • 開き戸から引き戸への変更

階段のリフォーム

  • 階段手すり取付
  • 足元照明設置

階段のリフォーム

  • 段差解消スロープ

PAGE TOP

お見積もり無料
お気軽に!

まずはお電話ください!

0120-111-047